2017治験バイトで高額報酬・謝礼金稼ぐ!初心者のための基礎講座

治験バイトで稼ぎたいけど不安!そんな初心者のための基礎講座です。安全第一で大きく楽に稼ぐためにはサイト選びと情報収集が大切です。27歳の大学院時代に実際3泊4日で11万4000円を稼いでから、これまで10回治験のバイトを経験したサイト運営者が得た知識をどうぞ!

治験バイトで謝礼金(報酬)70万以上稼ぐ③!

f:id:usumiking:20170808002836p:plain

 

70万円以上の高額案件であっても、第1相試験の治験バイトではない場合もあります。その場合は入院タイプの治験で、ほとんどが入院期間1ヶ月以上の治験バイトです。

 

f:id:usumiking:20170813103335p:plain

 

【10年間の実績保有】社会貢献度の高い治験ボランティアお申し込みはこちら

 

超短期間で70万円以上稼げる治験は治験バイトの内容がツライ部分がある可能性がある案件であることが多いです。

 

超短期で、臨試協に加盟していない治験で70万円稼ぐよりも、入院期間1カ月以上の長期間で70万円稼ぐ治験バイトがあるなら、後者のほうが断然安全に稼ぐことができるでしょう。

 

入院期間中も、自由な時間が長く、漫画、ゲーム、ノートパソコン、資格試験の勉強道具などヒマをつぶせるアイテムをもっていけば、かなり充実した時間が過ごせると思いますよ。

 

資格・職歴なしでも誰にでも参加チャンスがあるバイト

 

f:id:usumiking:20170807193929p:plain

 

【10年間の実績保有】社会貢献度の高い治験ボランティアお申し込みはこちら

 

治験バイトは求人広告では見られない高額報酬だけに不安になるかもしれないですが、厚生労働省が認可しているサイトに掲載されているものであれば安心して受けることができますし、誰にでも参加できる仕事です。

 

高額報酬なのは医療ボランティアとしてそれだけ価値のある働きをしているからであって、「高額報酬がもらえる=危険である」という図式は成り立たないと考えて大丈夫ですよ。

 

私自身、治験バイトをしていた時は何の資格も経験もない状態で、学費を補えるだけの収入を得ることができました。

 

危険が少ないという点は、厚生労働省に認められている点からも信頼して大丈夫です。

 

短時間で体力的にも精神的にもラクに収入を得たいなら治験バイトはおすすめですよ。

 

厚生労働省と治験審査委員会が治験参加者の安全と人権を見守っている

f:id:usumiking:20170729220655j:plain

 

治験バイトに初めて参加する治験バイト初心者は、本当に安全に治験バイトが行われるのか不安な点も多いことでしょう。

 

治験を行う側も、治験参加者の不安を取り除き、安心して治験に参加してもらいたいと考え、様々な配慮を行っています

 

日本で治験を行っていいという許可をもらうためにはかなり厳しい国の定めた基準をパスする必要があります。

 

まず基礎研究から5年以上の期間を経ないと、臨床試験の申し出をすることすらできません。

 

申し出を提出したら厚生労働省の許可をへて治験審査委員会の審議を通過し、そこで始めて臨床試験を行えるのです。

 

その審議をパスするために、製薬会社は参加者への安全への配慮を徹底しています。

 

第1相試験は新薬を患者さんに届けるために必要な最初の治験のステップで、30万、40万、50万、中には70万円以上の報酬・謝礼金を約束する治験募集案件があります。

 

初めて人体に新薬を投与するフェーズ1の治験を高額な報酬を用意して治験参加者を募るのは副作用や後遺症の可能性を極力少なくして「安全」に治験を執り行うことが可能であるという製薬会社の自信の表れでもあるのです。

 

製薬会社に自信があるからこそ、被験者を募集できるのです。

 

厚生労働省の許可が下りた臨床試験であれば、副作用や後遺症の可能性がゼロとは言い切れませんが、それでも安全対策がしっかりなされていることには違いがありません。

 

治験コーディネーターは治験業務のサポート役

   

 

治験バイトには治験コーディネーターと呼ばれる方がいます。

 

別名CRCとも呼ばれているのですが、彼らの業務内容は治験全般に関わることの管理がメインで、治験内容を把握し、私たち被験者のスクリーニングや治験内容の説明を行ってくれたり、その後のフォローアップ、医師・看護師との連携、製薬会社への対応など全般的に行っているまさに治験のプロです。

 

治験コーディネーターの存在も安心材料の1つで、治験を実際にスタートさせてから生まれてくる疑問や不安に適切に対応してくれ、治験参加者の精神面のサポートを行ってくれます。

 

また治験参加者に正しい治験が行われているかのモニタリングも行ってくれます。

 

事前説明を行ってくれるのも基本的には治験コーディネーターなのですが、その時点で安全だと分かったといっても、初めて実際に治験を受けるときにはどうしても不安がつきものです。

 

治験参加者の相談役としての治験コーディネーターの存在は治験参加者の安心材料のひとつになると思います。

 

治験バイトが終ったら報酬・謝礼金は現金手渡し!

 

f:id:usumiking:20170725232802p:plain

 

入院タイプでも通院タイプでも例外はあるが治験バイトの全日程が終わると「その場で現金手渡し」が一般的です。 

 

50万円とか70万円といった大金を手渡しされた瞬間にものすごい達成感を味わえます。

 

なかなかそんな大金をまとまって手にすることがないので、謝礼金としてお金をもらえる最終日は何度やっても楽しみで仕方ありませんでした。

 

大金の報酬がもらえる治験はどちらかというと入院タイプのものが多かったんですが、入院している間やったことと言えば昼寝・ゲーム・インターネットばかりで、一日の半分以上は自由時間で毎日遊んでいたという感覚がとても強かったです。

 

確かに投薬や採血がツライ記憶はあるがとても得しちゃった!という嬉しさと不思議さがまじった変な気分になります。

 

入院1か月というと、時間が長く感じてしまいがちですが、実際はほとんどの時間自分の好きなように過ごすことができますし、あとは睡眠時間もしっかり取ることができます。

 

振り返ってみるとその報酬の大きさに改めて驚きます。学生の頃は特にお金がなく、でも勉強する時間も必要だったのでアルバイトばかりしているわけにいかず大変だったのですが、夏休みや春休みの間に治験バイトをしてまとまったお金を稼いでいましたよ。

 

f:id:usumiking:20170725232839p:plain

 

f:id:usumiking:20170811120406p:plain

 関連:日本最大!当サイトイチオシのJCVN!登録はコチラ↓ 

【10年間の実績保有】社会貢献度の高い治験ボランティアお申し込みはこちら 

 

f:id:usumiking:20170811152255p:plain

関連:ニキビ・ニキビ跡・アトピーでお悩みの方はコチラ↓

ニキビ・アトピー治験ボランティア

 

f:id:usumiking:20170729210959p:plain

 関西圏

参加者の満足度95%以上、大阪で治験ならインクロム