2017治験バイトで高額報酬・謝礼金稼ぐ!初心者のための基礎講座

治験バイトで稼ぎたいけど不安!そんな初心者のための基礎講座です。安全第一で大きく楽に稼ぐためにはサイト選びと情報収集が大切です。27歳の大学院時代に実際3泊4日で11万4000円を稼いでから、これまで10回治験のバイトを経験したサイト運営者が得た知識をどうぞ!

治験バイトの報酬・謝礼金が書いてない場合どうする?

f:id:usumiking:20170812213645p:plain

治験バイトの報酬・謝礼の金額をてっとり早く知る方法

 f:id:usumiking:20170812213906p:plain

 

最近ではネットやメルマガで様々な知識や情報が広く知られるところとなり、治験と言うと「楽に稼げる割りの良いアルバイト」くらいの認識をしている人も増えてきましたが、こういう認識を業界はあまり歓迎していません。

 

私の友人は、電話で「報酬(謝礼金)は幾ら?」と聞いたらお断りされてしまったそうです。

 

とは言え、プライベートを削って行う以上、やはり報酬が気になってしまうのは仕方がない事ですよね。

 

しかし、治験サイトを見ても報酬・謝礼金が記載されていない事があります。

 

報酬を知りたいけれど、聞いたら落とされるかも知れない。

 

そう思うと申込みを迷ってしまいますが、治験紹介サイトにメールアドレスを登録しておくと配信されるメルマガから報酬が分かる事があります。

 

また、治験紹介サイトにネットで登録をすませると、電話で問い合わせることもできるようです。私の場合は、治験クリニックの方から電話で連絡があり、そのとき詳細を聞くことができました。

 

治験業界では、慣習としてネットでの公表は歓迎していない!とのこと。

 

このことを頭のすみにおいといてください。

 

なぜかホームページなどでリアルな金額を記載できないかというと、「お金で治験参加者を募る」という考え方が本来の「ボランティア」の精神に反すると製薬会社や治験業界が考えているからです。

 

治験バイトの時に注意したいこと

f:id:usumiking:20170812213811j:plain

 

治験バイト報酬・謝礼金がもらえるのでアルバイトのような認識になりがちですが、本来は有償ボランティア・医療ボランティアという扱い、だからアルバイト情報誌に求人情報がのらないんですよね。

 

闇バイトだから載らないわけじゃ決してありません。

 

治験スタッフの方は親切で丁寧な対応をしてくれる印象ですが、バイト代、報酬、治験バイトと言った呼び方を嫌がる人もいらっしゃいます。

 

 

 

治験バイトという呼び方は被験者になる私たち側での呼び方にすぎません。

 

ですから、バイト代・報酬ではなく「負担軽減費または協力費」、治験バイトではなく、治験ボランティアもしくは医療ボランティアと言うようにしてください。

 

お互いが気持ちよく治験を行えるように気遣いも大切にしましょう。

 

説明会に出れば、報酬・謝礼の金額を知ることができる

f:id:usumiking:20170730003038p:plain


治験モニターに参加する場合、ボランティアとは言えどうしても気になるのが報酬・謝礼金です。

 

インターネットの治験体験談の中には「報酬とかバイト代と言った表現を使ったら落とされた」と言う記事もちらほらとあります。

 

私も最初のうちは報酬や謝礼金のことを協力費や負担軽減費と呼ぶ事も知らず、何となく聞きにくくて金額が分からないまま治験バイトに参加したりしました。

 

しかし、実際のところ電話で報酬・謝礼の金額を聞きそびれても特に問題はありません。

 

と言うのも、健康診断後の説明会でちゃんと知る事が出来ます。

 

健康診断後の説明会では治験の内容や協力費の金額についても触れられますので、仮に電話で聞きそびれてしまっても安心です。

 

事前説明会は参加するだけで報酬・謝礼がもらえる

f:id:usumiking:20170812214136j:plain

 

治験バイトをしたいと考えたら、まず最初に治験サイトに登録することになるんですが、オンライン上でまず登録を行ったら事前説明会に行くことになります。

 

健康診断と説明会を兼ねているものが多いのですが、この健康診断や説明会が意外とオイシイんです。

 

あるサイトでは健康診断と説明会が一緒になっていて、それに参加するだけで交通費・時間拘束分の費用として3000円から5000円もらえるんです。

 

これを目当てにして説明会・健康診断で稼ぐ強者もいるようです。ありっちゃ、ありですね。

 

ちなみに、私の場合は、糖尿病の新薬の治験バイトに参加するために健康診断を受け、無事合格しました。

 

当初、5000円の謝礼だったのですが、参加予定の糖尿病の新薬の治験が日程が4つに分かれていて、直前までどの日程に参加できるか、あきらかにされないという案件でした。

 

その迷惑料?として10000円上乗せされ、説明会・健康診断の参加費として15000円ゲットしたラッキーなこともありました。

 

これはレアケースだと思うのですが、健康診断はオイシイですよ。治験業界の資金力を感じる瞬間だと思います。

 

高額報酬とは言えませんが人間ドッグ並みの健康診断を受けられ、自分の健康状態も無料でチェックできる。

 

そのうえにお金をもらえるなんてこれはおいしすぎますよね。

 

f:id:usumiking:20170811094910p:plain

 

治験バイトで効率良く、安全に稼ぐにはどうしたら良いですか?

 

そういう質問をたくさん受けます。

 

ハッキリ言って、掛け持ち最強説です!!

 

初心者の方はとりあえず1つサイトを登録すると思います。私の場合は、まずJCVNの登録しました。

 

自分にあった募集案件、楽に、安全に、快適に!それでいて高額報酬!

 

そんな案件を探すには、1つのサイトだけでなく、複数のサイトに登録するほうがより優良な募集案件がヒットしやすいのです。

 

サイトの登録は完全無料!登録が簡単になりました☆

 

登録しないと、治験バイトの謝礼(報酬)がいくらかわからないことが多いです。

 

一度登録すると、いくらもらえるのか?教えてくれますよ。

 

電話やメルマガ、専用サイトなどで簡単に知ることができます。治験バイトを行う治験施設がキレイなのか?食事はどんな感じなのか?なんてことも教えてくれます。

 

とりあえず、1つのサイトに登録して、「稼げるようだったら登録するサイトを増やします!」なんていう考え方の方が多いですが、その考え方は今すぐ変えましょう。

 

 なぜなら、登録するサイトを増やせば増やすほど「安全・安心・楽な」治験案件にめぐりあう可能性がグーンと高まるからです。

 

登録しないと教えてくれない「非公開」のおいしい案件などもありますから、これを利用しない手はないですよね?

 

これは登録やダウンロードを促しているわけではありません。

 

私は2012年から治験バイトで現役で稼ぎ続けているのですが、登録サイトは10を超えています。

 

サイトへの登録は簡単になったとはいえ、面倒なところもあります。しかし、複数登録するだけで、より安全に、より快適に、より高額報酬を約束する案件を優先的にゲットできることを経験上、知っているからこそ私はあなたにオススメしているのです。

 

 

ぜったい安心・安全な優良サイトベスト4

  

超優良募集案件は、あっという間に応募がいっぱいになってしまいますから、複数登録して常に情報をチェックすることが必要です。募集案件の申し込みは早い者勝ちです。

 

治験センターを選ぶポイントは、お住まいの地域の案件を多く扱っていて、それなりの信頼と実績があるところが良いと思います。

 

運営10年以上の治験センターなら、フォローや補償もきちんとしていて安心できます。

 

関東圏にお住まいであれば、おススメの治験センターはやはり日本最大JCVN

 

f:id:usumiking:20170726141008p:plain

 

【10年間の実績保有】社会貢献度の高い治験ボランティアお申し込みはこちら 

 

 

関西圏であればインクロムは押えておきたいところです。

 

f:id:usumiking:20170726143748p:plain

 

 参加者の満足度95%以上、大阪で治験ならインクロム 

 

 

また、九州地方の案件も扱っているニューイングという治験センターがあります。 

f:id:usumiking:20170726151606p:plain

 

あなたも治験をはじめませんか? 

 

 

その他に、ヒューマンリンクというサイトもおススメです。こちらのサイトは登録しなくても募集案件が見られるのが特徴です。

f:id:usumiking:20170726155017p:plain

 

治験の詳細はこちら 

 

どんな内容の治験があるのか?それを知るためにもおススメできるサイトです。

 

以上、大手治験紹介サイトを4つ紹介しました。

 

これら4つの会社なら安全に大きく稼げると思いますので、自分ができそうな募集案件を随時チェックしてみて下さい!