2017治験バイトで高額報酬・謝礼金稼ぐ!初心者のための基礎講座

治験バイトで稼ぎたいけど不安!そんな初心者のための基礎講座です。安全第一で大きく楽に稼ぐためにはサイト選びと情報収集が大切です。27歳の大学院時代に実際3泊4日で11万4000円を稼いでから、これまで10回治験のバイトを経験したサイト運営者が得た知識をどうぞ!

治験バイトで稼ぐ人の健康診断までの過ごし方

治験当日までの過ごし方

f:id:usumiking:20170729211705j:plain

治験に参加するためには、事前に健康診断を受けて合格しなければいけません。この事前検査で不合格になる割合は2回に1回といわれています。

 

たかが健康診断と軽く考えていては合格できないので、診断前から十分に準備をしておきましょう。

 

事前検査では血液検査や尿検査、血圧などさまざまなデータを調べます。体調不良を起こすとこれらの数値の結果が悪くなって、治験の被験者にはふさわしくないと判断されます。事前検査に向けてしっかりと健康を維持する必要があります。

 

私も事前検査に落ちてショックを受けたことがあります。

 

健康には自信があったのですが、健診の1週間前に4日連続でお酒を飲んでしまったのがまずかったようです。

 

喫煙習慣がある人は3か月前から禁煙しましょう。お酒も2週間前から飲まなことをおすすめします。

 

さらに事前検査の8時間前からは、一切食事をしないこと。当日までこまめに水分も補給しましょう。

 

水分が不足すると血液濃度が高まるなどして、検査結果が悪くなります。私は検査直前まで、ミネラルウォーターを飲むようにしています。

 

治験前にやってはいけないことは?

 f:id:usumiking:20170727235207j:plain

治験前には健康診断があります。この健康診断で問題ありと判断されると、治験に参加できません。健康診断に合格するためには、事前の準備が大切なんです。

 

治験前の健康診断で落とされるのは、病院での治療を受けた人、献血をした人、予防接種を受けた人などです。

 

献血予防接種の場合は、最低でも3か月は期間を空けないと治験を受けられません。

 

そして、タバコを吸わないことが条件の治験も多いので喫煙する人は気をつけましょう。

 

喫煙習慣がある人は、禁煙ではなく、減煙することをおすすめします。

 

大量に吸っていると、急に減煙するのは難しいですから、日頃からタバコの本数を控えるようにしましょう。

 

逆に、案件は少ないですが喫煙者を対象とした治験もあります。治験サイトに複数登録すると、このようなレアな募集案件も発見できますので、あきらめずに随時チェックしてくださいね。

 

サプリやシップでも常用はさけよう

f:id:usumiking:20170729205839j:plain

 治験前は、日常生活に注意しましょう。治験は薬の効果や副作用などを調べる実験です。このため治験前に厳密にスクリーニングして、治験にふさわしい健康状態かどうかの検査が行われます。

 

この事前検査に合格するために、細心の注意をしておきましょう。

 

たとえば日頃何げなく使っている目薬やシップ、ビタミン剤などのサプリメント、食後に飲んでいる健康食品などは、止めておいたほうが安心です。

 

また、飲酒や喫煙も止めるよう努力しましょう。あと珈琲や紅茶、緑茶などでカフェインのとりすぎにも注意してください。

 

たかがサプリメントやシップ、コーヒーと思われるかもしれませんが、常用していると何らかの薬物成分が体内に蓄積されている可能性があります。

 

また、健康診断の前は早めに休んでたっぷりと睡眠を取ること、寝る前など夜遅くに物を食べないこと、こまめに水などを飲んで十分に水分を補給することも大切です。

 

水分不足や前日の食べ物、睡眠不足で血液や尿の数値が悪くなることがあります。

 

極端な肥満・デブでも治験バイトで稼ぐことができますか?

 f:id:usumiking:20170729205524j:plain

多くの治験は、健康な日本人男性を対象としています。女性を対象とした治験もありますが、募集が多いのは男性ですね。

 

日本国籍で、年齢が20歳以上で、これまで入院するなど大きな病気をしておらず、BMI18.5~25程度の平均的な体重の男性なら、ほぼ問題はありません。

 

しかし、体重50キロ以下など極端な痩せ型体質の人や、肥満の人の場合は参加が制限されることがあります。

 

ただ、治験の内容によっては肥満の男性を対象としたものや、痩せ型の男性を対象とした案件もあります。

 

ですからBMI値が標準以上や標準以下だったり、持病があっても諦めずにいろいろな案件を探してみてください。

 

意外と参加可能な治験は多いものです。治験は日々、募集されています。こまめに募集案件をチェックすることが何よりも大切です。

 

案件をチェックしているうちに、どの案件が自分向きなのかわかるようになりますし、自分にピッタリの案件と巡り会えるチャンスが増えますよ。